神奈川県における不動産の売買の特徴

神奈川県は東京都に続いて人口が多い県で、県庁所在地は横浜市になりますが、横浜市は県内最大の人口などの特徴を持ちます。続いて人口が多いのは川崎市や相模原市で、これらの都市の人口は年々増加傾向を持つなど、多方面から移り住む人が多いなどの特徴もあります。移住を考える人の中には新築一戸建てや分譲マンションを購入するケースも多くありますし、県内には中古マンションや中古一戸建てなどの物件も数多くあります。最初は賃貸の部屋で生活をしていた人も、生活環境が良好などの理由から横浜市内で注文住宅の家づくりを始めるケースもあります。注文住宅の場合は土地探しからのスタートとなりますが、県内には土地物件を初め、新築や中古不動産の売買物件が多くあるので情報サイトで比較を行う事が大切です。

マイホームを売る時の媒介契約の種類と特徴について

神奈川県で不動産売買を行う会社に物件の購入者を探して貰う場合、媒介契約を結ぶ必要があります。媒介契約には一般媒介、専任媒介、専属専任媒介の3種類がありますが、契約方法はマイホームを売る側が決める事が出来ます。一般媒介の場合は、数社と契約を結べますが、専任媒介や専属専任媒介の場合は契約を結べるのは1社岳などの特徴を持ちます。ちなみに、媒介契約を結ばずにマイホームを売る方法もあります。これは家を買い取りしてくれる会社を探す方法で、仲介手数料などの費用支払いが要らない、買い取りしてくれる会社を見つければすぐに売却が出来るなどのメリットを持ちます。但し、仲介業者を利用した時と比較すると、売却価格が低くなる傾向があるので、マイホーム売却を急いでいる人などが利用するケースが多くいます。

駅から徒歩圏内の物件は築年数が経過していても人気があります

横浜市や川崎市は神奈川県の中でも人口が1位もしくは2位の都市です。都心への通勤や通学にも便利な環境にあるのが特徴で、駅から徒歩圏内ある物件に人気が集まりやすくなります。家は築年数が経過すると価値が下がる事になりますが、一戸建て住宅などの場合では築年数が経過していても土地に価値があるので売却時の価格は土地価格で売る事が出来ます。神奈川県の土地価格は都内に続いて高くなるので、土地物件の中には大きな土地を分割して販売が行われるケース、土地を仕入れた会社が分割した土地に建物を建築して販売を行う建て売り住宅などもあります。最近の不動産売買では土地価格の負担を軽減するために、狭い土地に3階建ての建物を建築するケースが多くなっており、土地が狭い分、販売価格が安いので若い世代でもマイホーム購入が可能になるなどのメリットもあります。