実際に神奈川で不動産の売買をしている方の声

神奈川県は東京都に続き人口が多い県であり、県庁所在地でもある横浜市は県内最大の人口数を持ちます。横浜市の人口は2017年5月時点では約374万人、1970年頃の人口が約224万人になるので、約50年間の中で150万人近い人口増加になっている事が分かります。人口増加は多方面から県内などへの移住者数が多くなっているなどの理由があります。特に、横浜市は県内の中でも人気が高いエリアであり、不動産売買についても活性が行われているなど、マイホームを購入したい人、売りたい人が多いエリアの一つです。尚、マイホームを購入する時の選択肢には新築と中古があるわけですが、中古物件は仲介業者を利用し、新築物件の場合は販売会社を見つけて物件見学を行う、もしくは注文住宅で家づくりを行う時には仲介業者に土地を紹介して貰い、好きな工務店やハウスメーカーに依頼をして家づくりを進めて行く事になります。

マイホームを売る時のポイントについて

神奈川県の中でも横浜市や川崎市、相模原市は人気の高いエリアで、他のエリアから県内に移り住む時などにもこれらの都市を希望する人が多くいます。マンションなどのマイホームを売る人の中には、横浜市内の新築一戸建てに住み替えをするなどで売却を希望する人も少なくありません。横浜市の人口は年々増加傾向にあるため、住み替えなどで不動産売買が行われる事も珍しくありません。売却については媒介業者に依頼をする事で購入希望者を探して貰う方法と直接家を購入してくれる会社を見つけ出す方法があります。仲介業者の場合には一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類の中から契約方法を選んで販売活動を開始して貰う事になります。なお実際にマイホームを、仲介業者を利用して売却をした人の口コミなどを見ると、どのような契約方法で売却活動を行ったのかなどを知る事も出来ます。

媒介契約の種類で売買がどのように変わるのかもチェック

神奈川県内でマイホームの売却を行う時の媒介契約には3種類の契約スタイルがあります。一般媒介契約の場合は複数の媒介業者に不動産売却の手伝いを依頼する事が出来ますが、専任媒介契約や専属媒介契約の場合は1社としか契約を結ぶ事が出来ないため、イメージとしては一般媒介契約の方が短期間でマイホームの売却が出来ると考える人は多いのではないでしょうか。一般媒介契約を結ぶ事が出来る会社は県内にも多数ありますが、仲介業者は仲介手数料を取る事で利益を作り出すため、販売活動の中で広告費を多く使った時に、他社が売買契約を結んでしまうと仲介手数料を取る事が出来なくなり、広告費の回収が出来なくなります。そのため、親身になって貰えないケースもありますが、マイホームを売却した人の口コミ情報を見る事で親身になってくれる仲介業者を見つけ出す事も出来ます。